事例紹介 豊洲

豊洲イメージ
発展著しい湾岸都市をエネルギーで支える。
豊洲マップ 東京の新しい都市へと急速に発展を遂げている豊洲。その中心である豊洲駅前の再開発に伴い、エネルギープラントを整備することで、オフィスや住宅、ホテル、商業施設などが集約された豊洲駅周辺エリアの防災力と環境の向上を図る取り組みです。
既存ビルを含む豊洲駅前の再開発によって誕生する最先端の街に、プラントから電力と熱を供給。高度なBCPをサポートするとともに、この発展著しい街の価値をより高く引き上げます。
基本データ
供給開始年月 2020年4月
プラント設置場所 江東区豊洲二丁目2番1号 豊洲ベイサイドクロスタワー
供給範囲 豊洲二丁目駅前地区
対象面積 約60,000m²
延床面積 約360,000m²
(帰宅困難者一時待機スペースを含む)
供給能力 電力:約1.4万kW
冷熱:約115GJ/h
温熱:約 51GJ/h
豊洲スマートエネルギープロジェクト ムービー
このムービーは、プラント建設時に事業紹介を目的として制作したものです。
※掲載の情報は2018年5月8日時点のものであり、今後変更となる場合もあります。
電気・熱供給事業

PAGE TOP