事例紹介 日本橋

日本橋イメージ
日本初の都心型スマートシティを実現。
日本橋マップ 江戸文化の発信地であり、今も歴史的な雰囲気を残す日本橋を最先端の街へ。開発エリアだけでなく既成街区にまでエネルギー供給を行い、都心型スマートシティを実現する日本で初めての取り組みです。
延床面積100万㎡にも及ぶ供給先には、2019年に築90年を迎える重要文化財の三井本館も含まれ、多くの既存ビルがBCP対応ビルへと生まれ変わりました。エリア全体で環境性能と都市防災力を強化し、街としての国際競争力を向上させます。
※電気・熱の供給可能エリアとは、特定送配電事業および地域冷暖房区域指定に基づくエネルギー供給可能エリアであり、エリア内の全ての建物にエネルギー供給する訳ではありません。また、エリアは今後変更となる場合もあります。
基本データ
供給開始年月 2019年4月
プラント設置場所 中央区日本橋室町三丁目2番1号 日本橋室町三井タワー
供給範囲 日本橋室町・本町地区の一部
対象面積 約150,000m²
延床面積 約1,000,000m²
(帰宅困難者一時待機スペースを含む)
供給能力 電力:約4.3万kW
冷熱:約110GJ/h
温熱:約60GJ/h
日本橋スマートシティプロジェクト ムービー
※掲載の情報は2018年5月8日時点のものであり、今後変更となる場合もあります。
電気・熱供給事業

PAGE TOP