電気・熱供給事業のメリット

電気・熱供給事業のメリットイメージ
メリット 1
経済的有利
スペースメリット

ボイラーや配管、室外機などの熱源設備が不要になるため、スペースを有効活用できます。

熱源設備を設置するための地下を作る必要がなくなり、より自由な設計が可能になります。

スペース有効活用イメージ
コストメリット

供給施設において熱源設備を設ける必要がなくなり、設備工事費、機械室の建設費などの削減が可能です。

熱源設備の運転や管理に必要な人件費、管理費・設備更新費も削減できます。

熱エネルギーを余すことなく活用するシステムで、ランニングコストを抑えます。

ランニングコストのイメージ

ICTによる効率的なエネルギーマネジメントが、コストの抑制にも力を発揮します。

エネルギーの見える化により、ムダな利用が抑えられます。

メリット 2
災害BCP実現

災害などにより広域停電が生じた場合も、コジェネレーションシステムにより電力を継続的に供給します。

特に、ビジネス活動において必要な電源を優先し、最先端のBCPをサポートします。

帰宅困難者のための一時待機スペースにも電力・熱を供給し、安心・安全な街づくりに貢献します。

BCPイメージ
メリット 3
省エネ・省CO2達成

高効率のコジェネレーションシステムの採用や、最新のICTを駆使したエネルギーマネジメントにより、エリア全体でCO2排出量を大きく削減します。

供給施設においては、冷却塔などの屋上設備が不要になり、都市美観の向上や屋上緑化などによりヒートアイランド現象の抑制に寄与します。

省エネ・省CO2イメージ
建物単体ではなくエリアとしての取り組みにより、
安全性・環境面において大きな効果を発揮し、
街の価値を高めます。
電気・熱供給事業

PAGE TOP