電気・熱供給事業

電気・熱供給事業イメージ
エネルギーの地産地消により、都心型スマートシティを実現します。
既存のビル・施設を含めたエリアに、
電力と熱を供給。
ガスコジェネレーションシステムを中心とした発電プラントを街の中に設置。ガスを燃料にして発電した電力と系統電力をプラント内で混合し、新規開発ビルと周辺の既存ビル・施設に供給します。さらに、発電時に生じる熱も供給し、冷暖房や給湯などに有効活用します。街でつくった電力・熱を街で消費する、エネルギーの地産地消を実現。都心部の既存街区のスマート化を推進する日本初の取り組みです。

※電力供給は、特定の区域に対して自営の発電機と送電線により電力を供給する「特定電気事業」です。

廃熱を残さず有効活用するエコシステム。
エネルギーの地産地消により、エネルギーをより効率的に活用することが可能になります。一般的な火力発電所では投入されたエネルギーの約40%※1しか電力に変換できないのに対し、プラントにはより発電効率の高い機器を採用。また、発電時に発生する熱を余すことなく活用することで、高いエネルギー変換効率を達成。環境性能に優れたシステムです。
高エネルギー効率グラフ

※1 出典「火力発電における省エネルギー対策の取組み(2015年)」(電気事業連合会)

※2 日本橋を一例としています。

非常時においてもエネルギーを継続供給し、BCPをサポートします。
系統電力とガス発電の複線化により、
非常時でも電力・熱を安定供給。
大規模災害等により広域停電が発生した場合でも、災害に強い中圧ガスを燃料にしてコジェネレーションシステムで発電し、継続的に電力と熱を供給します。系統電力とガス発電の複線化により、万一の非常時でも安定した電力供給を行います。
テナント専用部にも電力・熱を供給し、
非常時の企業活動をサポート。
発電プラントでは、電力需要の夏季ピーク時の50%をガスによって発電。災害による停電時にも、各施設に電力と熱を供給します。共用部に加え、テナント専用部での電力・空調も使用可能となり、万一の非常時においても、平常時に近い企業活動をサポートします。
オフィスビル年間エネルギー使用量グラフ
電気・熱供給事業

PAGE TOP